租税理論研究叢書<br> 消費税法施行10年

個数:

租税理論研究叢書
消費税法施行10年

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 188p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589024626
  • NDC分類 345.7
  • Cコード C3032

内容説明

本書は、シンポジウムのテーマとして、「消費税法施行10年」が選ばれた。日本租税理論学会の第一一回大会の成果を収録するものである。

目次

1 シンポジウム―消費税法施行10年(消費税と租税体系;「財政再建」と消費税問題―消費税なしで国家財政は成り立つか;消費税法施行10年と消費税訴訟;税理士からみた消費税法執行の実態と問題点 ほか)
2 個別報告(1)(共同研究報告)―税務行政組織と手続‐組織改革の課題(税務行政組織と職員;課税手続と組織;国税徴収制度、滞納処分行政の現状分析および問題点)
3 個別報告(2)(課税最低限の日米比較―実質的な課税最低限アプローチ;韓国附加価値税法の仕組みと問題点;税理士試験免除に係る資格審査会の活用―ドイツ財政裁判所判例を参考にして)