水都学〈3〉特集 東京首都圏 水のテリトーリオ

個数:

水都学〈3〉特集 東京首都圏 水のテリトーリオ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 277p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784588780233
  • NDC分類 361.78
  • Cコード C1320

内容説明

東京が川、掘割、運河などと密接に結びついて開花した水の都であったことが次第にあきらかになってきた。しかし、それを支えていたのは、広大な東京の後背地であった。そこには、湧水、池、用水、掘割など多様な水の姿とそれを取り巻く暮らしと文化があった。後背地の水の自然と文化を含んだテリトーリオの視点から、改めて水の都東京を見直す。

目次

特集 東京首都圏 水のテリトーリオ(水都学の広がりと可能性―なぜテリトーリオか;源流から解き明かす東京水圏の地域構造;江戸東京と内川廻し―河川舟運からみた地域形成;東京湾を中心とした“海域”;討論 水の視点から首都東京を見直す)
水のテリトーリオを読む(アマルフィ海岸における交易の海と水軍産業の川;イタリアにおける都市・地域研究の変遷史―チェントロ・ストリコからテリトーリオへ;ヴェネツィアを支えた後背地の河川の役割;荒川水系―筏流しと舟運;音風景史試論―遅野井(善福寺池)を中心として)
水都学ニュース “展覧会紹介”中川船番所資料館特別企画展「行徳・新川と小名木川」
書籍紹介 宮村忠著『川を巡る―「河川塾」講義録』

著者等紹介

陣内秀信[ジンナイヒデノブ]
1947年生まれ。法政大学デザイン工学部教授。専門はイタリア都市史・建築史。パレルモ大学、トレント大学、ローマ大学にて契約教授を務めた

高村雅彦[タカムラマサヒコ]
1964年生まれ。法政大学デザイン工学部教授。専門はアジア都市史・建築史。前田工学賞(1999年)、建築史学会賞(2000年)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yooou

6
いまひとつ何を学問しているのかわかりませんでした。途中の対談も何を読ませたくて載せてるのか意味が不明なやりとりに感じました。2015/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9285772

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。