EToS叢書<br> 新・江戸東京研究の世界―江戸の記憶を呼び起こし持続可能な東京の未来を創造する

個数:

EToS叢書
新・江戸東京研究の世界―江戸の記憶を呼び起こし持続可能な東京の未来を創造する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月18日 09時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 320p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784588780141
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C1352

出版社内容情報

持続可能な地球社会の実現に向け、近代のパラダイムをこえた都市の未来を考える研究機関・法政大学江戸東京研究センター(EToS)の設立より5年。定住者・流入者・来訪者がつくるものとしての都市、名所と聖地の表象文化、コモンズの再生に焦点を当てたシンポジウムを書籍化する。1980年代に生まれた「江戸東京学」を学際的・発展的に継承する新しい学問の世界!

目次

第1部 江戸東京研究の可能性をさぐる(記憶から創造へ;過去を知り、近未来への道筋を示す)
第2部 都市をつくるのは誰か―定住者と流入者・来訪者、それぞれの役割とまなざし(江戸文芸のなかの外来者―方言と視点と;「ビジターの都市」江戸、「ビジターの街」両国 ほか)
第3部 都市の表象文化「名所」から「聖地」へ(映画・アニメからみる東京表象;コンテンツツーリズムと東京・再考 ほか)
第4部 コモンズを再生する東京2021(都市でコモンズを作れるか―下北沢BONUS TRACKをケーススタディとして;コモンズを再生する東京 ほか)
既にあるコモンズに寄り添う(コメント 縮小都市の時代におけるまちの世代間継承とコモンズ;コメント コモンズを再生する)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyrn

22
江戸と東京の関係性を多彩な切り口で明らかにして、そこから近未来の東京について論じようとした2021年に開催された法政大「江戸東京研究センター」のシンポジウムを書籍化した本で、江戸と明治では大きく異なるとする主張や、イヤイヤ連綿と受け継がれているのだとする主張が繰り広げられて、知識や情報面からは刺激を受けたが、書き方が固めで、16編の論文集のよう。学生や研究者向けかなと思ったw。▼目次:①記憶から創造へ②過去を知り、近未来への道筋を示す▼③江戸文芸のなかの外来者(方言と視点と)④ビジターの都市江戸、⇒2023/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20279580
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。