東アジアのCSR―国連グローバル・コンパクトの新たなチャレンジ

個数:
  • ポイントキャンペーン

東アジアのCSR―国連グローバル・コンパクトの新たなチャレンジ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 215p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588635120
  • NDC分類 335.15
  • Cコード C1032

内容説明

グローバル化が進む中、東アジアの企業社会では新たな価値基準のもとにCSRが展開されている。本書は、日中韓三国の研究者が連携して2010年度に行った、日中韓三国の国連GC参加全企業を対象にしたサーベイ調査、三国の先進企業のCSR活動に関するグッド・プラクティス調査、東アジア独自の社会的責任経営企業評価システムの構築、などの調査研究の成果を集めたものであり、東アジア規模での初めての本格的な調査報告、研究書である。

目次

第1章 東アジアの国連GC参加企業における国連GC/CSR活動の調査研究(中国‐日本‐韓国 国連グローバル・コンパクト共同調査2010;参加、遵守、インパクト「中国‐日本‐韓国 国連グローバル・コンパクト共同調査2010」の解説;国連グローバル・コンパクトに関する中日韓共同調査の業種別分析)
第2章 東アジアの国連GC参加企業におけるCSRグッド・プラクティスの研究(日本企業によるCSRの展開;対象企業のCSR活動の概要;注目すべきCSR活動の事例;中国、韓国におけるCSR活動)
第3章 東アジアのCSR専門研究者によるCSR企業評価(EAST ASIA30と日中韓三国の専門家委員の関与;資料 EAST ASIA30による顕彰企業リスト)
第4章 CSRに関する国際基準と東アジアにおける展開(女性のエンパワメント原則の展開可能性;国連グローバル・コンパクトのコミュニケーション・オン・プログレス(COP)の状況から見た各国のCSR情報開示傾向)
資料 東アジアにおける国連GC/CSR関連文献

著者等紹介

江橋崇[エバシタカシ]
法政大学法学部教授。法政大学現代法研究所国連グローバル・コンパクト研究センター長。平和フォーラム代表。市民立法機構運営委員。日韓市民社会フォーラム運営委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。