法政大学現代法研究所叢書<br> 消費者紛争解決手段の発展に向けて - 実体法・手続法の課題

個数:

法政大学現代法研究所叢書
消費者紛争解決手段の発展に向けて - 実体法・手続法の課題

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年04月18日 22時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 232p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588630521
  • NDC分類 365
  • Cコード C3332

出版社内容情報

消費者紛争の司法的解決はどのようになされるべきか? 消費者裁判手続特例法や差止訴訟など、集団的な消費者の紛争を一括して解決する上で生じる問題はもちろん、個別の消費者の司法的救済にあたって生じる実体法上および手続法上の問題に関して、消費者法分野以外の紛争解決制度も参考にしつつ、研究者・実務家が「共働」して取り組んだ最新の研究成果。