サピエンティア<br> アメリカの影のもとで―日本とフィリピン

個数:

サピエンティア
アメリカの影のもとで―日本とフィリピン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月21日 14時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 304p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588603181
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C3320

内容説明

歴史経験としての占領統治。その共通性、異質性、相互作用…、アメリカを光源として日本とフィリピンを比較する。

目次

二つの帝国の物語―後発植民地主義としての日本とアメリカ
第1部 帝国と国民国家のせめぎあい(フィリピンと合衆国の帝国意識;戦後日本とフィリピンのエリートの継続性―アメリカの影響)
第2部 錯綜するイメージ―国民国家・ナショナリズム・戦争(日本との戦争、アメリカとの戦争―友と敵をめぐるフィリピン史の政争;二つの戦後六〇年―比米戦争と第二次世界大戦の記憶と哀悼;象徴天皇制とホセ・リサールの神格化との比較考察)
第3部 三つの主体の出会い―アメリカ・日本・フィリピン(対抗する陰影“日本”と“アメリカ”―フィリピン系アメリカ人の想像のなかで;権力の三重奏―フィリピン人、日本人、植民地権力の場所;アメリカの磁場のなかの自己形成―山口百恵と小泉元首相をとおしてみるヨコスカと戦後日本のねじれ)