誘惑する他者―メルヴィル文学の倫理

個数:

誘惑する他者―メルヴィル文学の倫理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 14時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588495229
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C3098

出版社内容情報

『白鯨』『ビリー・バッド』「バートルビー」をはじめ、安易な解釈を許さない数々の問題作で知られる19世紀米国の大作家メルヴィル。その主要作品群を精読し、誘惑すると同時に理解を拒絶する他者、配達不能郵便(デッドレター)のモチーフ、孤独や共同体や帝国主義的暴力の問題など、書くこと/読むことの根源に関わるテーマを徹底的に掘り下げる。読解への最高の手引きとなる一冊、ここに誕生!

内容説明

『白鯨』『ビリー・バッド』「バートルビー」をはじめ、安易な解釈を許さない数々の問題作で知られる19世紀米国の大作家メルヴィル。その主要作品群を精読し、誘惑すると同時に理解を拒絶する他者、配達不能郵便(デッドレター)のモチーフ、孤独や共同体や帝国主義的暴力の問題など、書くこと/読むことの根源に関わるテーマを徹底的に掘り下げる。メルヴィル読解への最高の手引き。

目次

第1部 他者を求める―孤独な水夫たち(『白鯨』における寂しい個人主義;『イズラエル・ポッター』における倫理的寂しさ;痕跡を書き残す―『ジョン・マーと水夫たち』における孤独の共同体)
第2部 他者を見つける―不気味な自己像(他者を貫く―『タイピー』における個人と共同体;「誰も自分の父たりえない」―『ピエール』におけるデッドレターと血縁)
第3部 他者を取り込む―帝国的欲望(時間の暴力に抗う―「エンカンタダス」における不確かな未来;差異を超える―「ベニト・セレノ」における認識の詩学)
第4部 他者を覗く―沈黙の裂け目(秘密の感情―『信用詐欺師』における障害と公共空間;バートルビーの机―情動理論とメルヴィル文学;ビリーを撃つ―媒介される内面)

著者等紹介

古井義昭[フルイヨシアキ]
1982年生まれ。エモリー大学英文科博士課程修了(Ph.D.)。現在、立教大学文学部教授。専門は19世紀アメリカ文学。単著にModernizing Solitude:The Networked Individual in Nineteenth‐Century American Literature(University of Alabama Press、2019年/日本アメリカ文学会賞・アメリカ学会清水博賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。