近代日本の戦争と文学

個数:
  • ポイントキャンペーン

近代日本の戦争と文学

  • 西田 勝【著】
  • 価格 ¥3,780(本体¥3,500)
  • 法政大学出版局(2007/05発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌全点ポイント5倍キャンペーン(店舗受取サービスは対象外です)
  • ポイント 175pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 290p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588460098
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

1874年の台湾出兵(牡丹社事件)から1945年の敗戦まで、近代日本における戦争と文学者との関係はどのようなものであったか―。植木枝盛の世界政府論、平和思想家としての徳富蘇峰、国木田独歩・遅塚麗水の従軍記、田岡嶺雲による百年前の虐殺証言、山口孤剣の反戦詩と非戦論、武者小路実篤の逸文「戦争」、黒島伝治の「パルチザン・ウォルコフ」、関東大震災のさなか殉難した平沢計七のメッセージ、反戦アンソロジー『戦争に対する戦争』、井伏鱒二と「昭南タイムス」、中国農民に殉じた詩人・野川隆など、数々の新事実について試掘の鍬を入れる。

目次

プロローグ 近代日本における戦争と文学者
1 「台湾出兵」から日清戦争前まで
2 日清戦争から日露戦争まで
3 日露戦後から「満洲事変」前まで
4 「満洲事変」から日本敗戦まで
エピローグ 戦争とエロス―「靖国」の美学

著者紹介

西田勝[ニシダマサル]
1928年、静岡県に生まれる。1953年、東京大学文学部卒業、法政大学文学部教授を経て、現在「西田勝・平和研究室」主宰、植民地文化研究会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)