バレエ・デ・シャンゼリゼ―第二次世界大戦後フランス・バレエの出発

個数:

バレエ・デ・シャンゼリゼ―第二次世界大戦後フランス・バレエの出発

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月12日 19時18分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 278p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588420207
  • NDC分類 769.35
  • Cコード C3073

内容説明

大戦直後、わずか7年足らずの活動期間にもかかわらず、『旅芸人』や『若者と死』などの作品でパリの芸術シーンを革新したバレエ・デ・シャンゼリゼ。その誕生から終焉までの歴史を、広範な資料を通じて再構成し、R.プティやB.コフノ、J.バビレやJ.コクトーをはじめとする個性豊かな作家や演出家、ダンサーたちの群像を描いた本邦初の文献。上演作品リストや年譜などの貴重な資料も収録。図版多数。

目次

第1章 バレエ・デ・シャンゼリゼ誕生前夜(バレエ・デ・シャンゼリゼの萌芽―占領下、解放後のパリ;『旅芸人』と『ランデヴー』―人間性への共感;バレエ・デ・シャンゼリゼの誕生;シャンゼリゼ劇場とダンス;ボリス・コフノ)
第2章 一九四五‐一九四六年(ボリス・コフノとローラン・プティ;一九四五年―最初のシーズンの上演プログラム;一九四六年三月―第二シーズン;初の海外ツアー―イギリス;一九四六年のその後の活動)
第3章 『若者と死』―「生」の象徴としての「若者」(創作の経緯;ジャン・コクトーの台本と振付の検討;「若者」が表象するもの;作品への批評と評価)
第4章 一九四七‐一九五一年―創作の嵐と分裂(一九四七年とローラン・プティの離脱;一九四八年―最後の成功『出会い、あるいはオイディプスとスフィンクス』;一九四九年―クリスチャン・ベラ0ルの死;一九五〇‐一九五一年―バレエ団解散への道;バレエ・デ・シャンゼリゼの遺産)
資料編 バレエ・デ・シャンゼリゼの活動年譜/上演作品

著者等紹介

深澤南土実[フカサワナツミ]
お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科博士後期課程博士号(人文科学)取得修了。専門は舞踊学、舞踊史、身体表現、パフォーミングアーツ。現在、東京藝術大学COI拠点特任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大戦直後、わずか7年足らずの活動期間にもかかわらず、『旅芸人』や『若者と死』などの作品でパリの芸術シーンを革新したバレエ・デ・シャンゼリゼ。その誕生から終焉までの歴史を、広範な資料を通じて再構成し、R.プティやB.コフノ、J.バビレやJ.コクトーをはじめとする個性豊かな作家や演出家、ダンサーたちの群像を描いた本邦初の文献。上演作品リストや年譜などの貴重な資料も収録。図版多数。