神からの借財人 コジモ・デ・メディチ―十五世紀フィレンツェにおける一事業家の成功と罪

個数:

神からの借財人 コジモ・デ・メディチ―十五世紀フィレンツェにおける一事業家の成功と罪

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月20日 09時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 267,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588374036
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0022

内容説明

遠隔地交易の発展と商業都市の勃興にともない、富をなす事業家が次々に現れた中世後期のヨーロッパ。しかし、教会法はウスラ=利子をむさぼる行為を許されざる大罪とみなしていた。ウスラをめぐる聖職者達の言葉と、メディチ家の巨人コジモの生涯をたどり、そのパトロネージに秘められた贖罪の悲願を明らかにする。

目次

第1章 ウスラをむさぼる者を待ち受けているのは
第2章 宥恕されうる利得、されえない利得
第3章 十三、十四世紀のフィレンツェとメディチの事業の創業
第4章 コジモの追放、帰還とメディチ・レジームの形成
第5章 コジモの時代のメディチの事業(1)―その概容、組織、そしてひと
第6章 コジモの時代のメディチの事業(2)―その収益は宥恕されうるものであったか?
第7章 コジモ・デ・メディチのパトロネージ
第8章 それはつぐないの行為であったか?
結びにかえて―煉獄のコジモ

著者等紹介

西藤洋[ニシフジヒロシ]
1943年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科博士後期課程中退。成蹊大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

k5

50
もういちど大学院に行くチャンスがあるのなら、ヨーロッパ経済史やりたいかな。なんにせよロマンに溢れた世界です。メディチの事業形成や為替を使った金融事業については、『メディチ・マネー』でも読んだけど、本書ではその事業がキリスト教や人定法上、どのような倫理的解釈を受けたのか、についても書きます。不労所得の利子はNGだけれども、貸したものの損耗や機会損失への補償ならOKというのは面白い。本の作りとしては、二次資料要領よくまとめた感じではあるんですが、紹介されている種本も読みたくなります。2020/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9771872
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。