近代測量史への旅―ゲーテ時代の自然景観図から明治日本の三角測量まで

個数:

近代測量史への旅―ゲーテ時代の自然景観図から明治日本の三角測量まで

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 258,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588371233
  • NDC分類 512
  • Cコード C1020

内容説明

ヨーロッパが最新の測地技術で地球を測定し、正確な地図作成をめざした時代を、同時代日本との学術交流と併せて描く。多数の新資料&未公開図版でたどる科学文化史。

目次

第1章 地球の形状と三角測量(地球の真実の形状をめぐる議論;モーペルテュイとラップランド測量遠征 ほか)
第2章 テューリンゲン測量とミュフリング大尉(パリとゴータ間の相互影響関係 ラランド、ツァッハ、ガウス;ゲーテの『親和力』とミュフリング大尉 ほか)
第3章 学術図版と自然景観図(ゲーテとヴァイマル自由絵画学校;イェーナ大学専属絵画教師 ほか)
第4章 江戸時代の日欧相互学術交流(江戸時代の天文学 ラランドと天文方・高橋至時;ナデシュダ号艦長クルーゼンシュテルンとサハリン;あるいはゲーテと日本の間接的結びつき ほか)
第5章 日本におけるプロイセン式三角測量(日本の三角測量の基礎を築いた田坂大尉;日本アルプスの測量調査)

著者等紹介

石原あえか[イシハラアエカ]
東京大学大学院総合文化研究科准教授。慶應義塾大学大学院在学中にドイツ・ケルン大学に留学、同大で哲学博士Dr.phil.取得。ゲーテと近代自然科学を研究テーマとする。ドイツ語単著Goethes Buch der Natur(2005)により、ドイツ学術交流会(DAAD)グリム兄弟奨励賞、日本学術振興会賞および日本学士院学術奨励賞。『科学する詩人ゲーテ』(慶應義塾大学出版会、2010)によりサントリー学芸賞。慶應義塾大学商学部教授を経て、2012年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。