盗賊の社会史

個数:

盗賊の社会史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 409,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588362002
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0022

出版社内容情報

盗賊たちの素性、その生活と犯罪、彼らに対する拷問・裁判・刑罰の実態を明らかにして、十六世紀から十九世紀初頭のヨーロッパにおける周縁と底辺の社会史を描く

内容説明

“義賊”なるものは本当に存在したのか?伝説に彩られた盗賊たちの素性と生活、彼らの犯罪に対する拷問・裁判・刑罰の実態を明らかにして、近世ヨーロッパにおける周縁と底辺の社会史を描く。

目次

第1章 序に代えて―庶民の英雄シンダーハンネス
第2章 ならず者と近世の下層社会
第3章 盗賊団と窃盗団―恐怖・空想・現実
第4章 哀れな罪人の魂を救う―教化の歴史
第5章 正義の力―裁判ならびに刑の執行
第6章 神の秩序の保持―“国を害する者たち”にたいする警察の措置
第7章 ドイツの立派な盗賊たち―文学に登場する無法者たち
第8章 犯罪と刑罰の有用性―現代から振り返って

著者等紹介

ダンカー,ウーヴェ[ダンカー,ウーヴェ][Danker,Uwe]
1956年に生まれる。キール大学で歴史学と社会学を学び、1986年に『盗賊の社会史』の母体となる論文「1700年前後の神聖ローマ帝国における盗賊団」によって博士号を取得した。1994年からフレンスブルク大学で歴史学および歴史教育学の教授を務めるかたわら、同大学の「シュレースヴィヒ=ホルシュタイン地方史・現代史研究所」の所長を兼務し、現在はドイツ=デンマーク国境地帯の現代史、とりわけナチ党幹部の動向や強制労働の問題に取り組んでいる

藤川芳朗[フジカワヨシロウ]
1944年に生まれる。東京都立大学大学院修士課程修了。専攻:ドイツ文学。現職、横浜市立大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

脂肪分

0
要点:「犯罪者予備軍」のレッテル貼りが自己充足的予言になって本当に犯罪でしか生計を立てられなくなる人々。2010/10/10

0
★1/22005/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/83424

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。