西表島の農耕文化―海上の道の発見

個数:

西表島の農耕文化―海上の道の発見

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 467,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588334894
  • NDC分類 612.199
  • Cコード C3025

出版社内容情報

30年にわたるフィールドワークをもとに「人と自然と神々の世界」がいまなお残る西表島の農耕文化から人びとの共生のあり方を考える

内容説明

人と自然と神々の世界。30年にわたる西表島のフィールドワークから、人びとの共生のあり方を考える。

目次

第1部 稲作の世界―人と自然と神々と(自然・ヒト・イネ―伝統的生業とその変容;南島の農耕文化と「海上の道」;「くだ」の力と「つつ」の力―二つの稲作具をめぐって;網主材の農業の伝承と年中行事(山田武男語り・著)
崎山村での暮らし(川平永美語り))
第2部 畑作―南からの道、北からの道(サトイモ類の伝統的栽培法と利用法;サトイモの来た道(安渓貴子著)
ヤマノイモ類の伝統的栽培法と利用法
島びとの語る焼畑
焼畑技術の生態位置づけ
島の作物一覧)
第3部 橋をかける―島々の交流をめぐって(与那国農民の生活;高い島と低い島の交流;島で農薬散布が始まった―自然利用の歴史;無農薬枚の産直が始まった―島を出た)

著者等紹介

安渓遊地[アンケイユウジ]
1951年富山県射水郡生まれ。人類学専攻。アフリカの物々交換経済の研究で理学博士。沖縄大学法経学部講師、山口大学教養部助教授を経て、公立大学法人山口県立大学国際文化学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。