染織の黒衣(くろこ)たち

個数:

染織の黒衣(くろこ)たち

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588300509
  • NDC分類 753
  • Cコード C0021

内容説明

伝統の美を支える人々。さまざまな道具と工程に創意の限りをつくし、伝統の染織を黒衣として支えてきた人びとの仕事場を訪ね、人と風土、風土と産業のかかわりを語る。

目次

杼―経と緯を織りなす
筬―金筬にも脈打つ筬作りの気概
聞き書き・絹筬―竹筬ならではの織りの風合い
綴機―機大工は「職商人」
整経―織物準備一式
綜絖―綜絖は指先の仕事
紋紙―意匠紋紙は織りの設計図
絣織―西陣ならではの絣織
御召―「御召通り」は今
綿―棉から綿へ、そして木綿へ
箆―型友禅を支える駒箆
筆―面相筆が生む線の表情
刷毛―お客が師匠、技の相伝
友禅板―樅の木から合板へ
青花―朝露と酷暑の中から
蒸し―友禅流しのあとさき
張りと湯のし―今様染色整理
絞り―有松・鳴海の今昔

著者紹介

菊池昌治[キクチマサハル]
1947年山形県南陽市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)