ものと人間の文化史<br> 栗

個数:

ものと人間の文化史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月24日 02時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588216619
  • NDC分類 625.71
  • Cコード C0320

内容説明

三内丸山遺跡で出土、太古の昔からの主食。すでに縄文時代から栽培されていた栗。建築や木工の材、鉄道の枕木といった生活に密着した多様な利用法や、品種改良に取り組んだ技術者たちの苦闘のあとをたどり、収穫・貯蔵技術の実際を紹介。

目次

第1章 近世以前の暮らしと栗
第2章 近世の暮らしと栗
第3章 近代の暮らしと栗
第4章 昭和・戦後期の暮らしと栗
第5章 現代の栗栽培技術と利用・加工
第6章 栗の収穫と貯蔵

著者紹介

今井敬潤[イマイキョウジュン]
1949年、岐阜県に生まれる。京都府立大学農学部卒業。大阪府立大学農学部大学院修士課程修了。大阪府立農芸高等学校、同園芸高等学校教諭を経て、大阪府立大学大学院客員研究員、岐阜女子大学非常勤講師。果樹園芸学専攻。学術博士。日本民俗学会、園芸学会、近畿民俗学会、日本民具学会の各会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

縄文人が主食とし栽培していた栗。建築資材や鉄道の枕木といった多様な利用法や、品種改良に取り組んだ技術者たちの苦闘を紹介する。