ものと人間の文化史<br> 鮪

個数:

ものと人間の文化史

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年07月19日 22時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 338p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588215810
  • NDC分類 664.63
  • Cコード C0320

内容説明

下魚から高級魚へ―そして漁獲規制の時代へ…。古文献に描かれ記されたマグロを紹介し、漁法・漁具から運搬と流通、漁民たちの暮らしと民俗・信仰までをさぐり、生態系保護の観点から、マグロをめぐる食文化の未来におよぶ、マグロの履歴書。

目次

1 綜合・芸術文化とマグロ(マグロを描いた人々;幕末・彦根藩士が描いたマグロ ほか)
2 民俗・生活文化とマグロ(マグロの釣鉤;マグロ漁と海上習俗―ヨイヤマ(宵山) ほか)
3 歴史・伝統文化とマグロ(マグロ漁の史的背景;マグロ漁業の展開―漁業技術の発達 ほか)
4 自然・共生文化とマグロ(マグロを調べた人々;マグロ一族の系譜 ほか)
5 マグロのア・ラ・カルト(「シビ」から「マグロ」へ;「シビ」という魚・方言と地名 ほか)

著者等紹介

田辺悟[タナベサトル]
1936年神奈川県横須賀市生まれ。法政大学社会学部卒業。海村民俗学、民具学専攻。横須賀市自然博物館・人憤博物館両館長、千葉経済大学教授を経て、現在、三浦市文化財保護委員会会長など。文学博士。日本民具学会会長、文化庁文化審議会専門委員などを歴任。2008年旭日小綬章受章。著書『日本蜑人(あま)伝統の研究』(法政大学出版局・第29回柳田国男賞受賞)、『城ヶ島漁村の教育社会学的研究』(平凡社・第2回下中教育奨励賞受賞)、『現代博物館論』(暁印書館・昭和61年度日本博物館協会東海地区業績賞受賞)、ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。