危機の時代と田辺哲学―田辺元没後60周年記念論集

個数:

危機の時代と田辺哲学―田辺元没後60周年記念論集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 14時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 441p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588151316
  • NDC分類 121.6
  • Cコード C3010

出版社内容情報

20世紀日本を代表する京都学派の哲学者・田辺元。大戦間期にフッサールやハイデガーと交流し、〈種の論理〉をはじめ当時世界最先端の哲学を展開した思想家の限界と可能性とは何か? コロナ禍の危機のなかで開かれた田辺元記念哲学会・求真会主催の記念シンポジウムをもとに、気鋭の執筆者らが世界哲学的な観点から田辺哲学の今日的意味に迫る。本邦初訳「フッサールから田辺宛の書簡」も収録!

内容説明

20世紀日本を代表する京都学派の哲学者・田辺元。大戦間期にフッサールやハイデガーと交流し、“種の論理”をはじめ当時世界最先端の哲学を展開した思想家の可能性と限界とは何か?コロナ禍の危機のなかで開かれた田辺元記念哲学会・求真会主催の記念シンポジウムをもとに、気鋭の執筆者らが世界哲学的な観点から田辺哲学の今日的意味に迫る。本邦初訳「フッサールから田辺宛の書簡」も収録。

目次

第1部 座談会+総合討議 田辺哲学の現代的意義―コロナ時代に向けて(同一性の統御を超えて―種の論理の弁証法のいま;初めからの「実存協同」へ ほか)
第2部 田辺哲学研究の現段階(田辺元の「死の哲学」;田辺の後期哲学における歴史主義―行為的直観批判を手がかりとして ほか)
第3部 世界哲学に開かれた田辺哲学(田辺元とギリシア哲学―プラトン弁証法としての「種の論理」;田辺とディルタイの哲学的思索の「家族的類似性」―『ディルタイ=ヨルク往復書簡集』とハイデガーの影響作用史再考 ほか)
第4部 危機の時代の田辺哲学(田辺哲学への問い―不可視の他者;「懴悔道」と「国家的存在の論理」の積極的意義―自由な行為の「必然」を求めて ほか)
資料編

著者等紹介

廖欽彬[リョウキンヒン]
中国・中山大学哲学系教授。日本哲学、東アジア哲学、比較哲学

河合一樹[カワイカズキ]
広西大学助理教授。日本思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。