認識と反省性―ピエール・ブルデューの社会学的思考

個数:

認識と反省性―ピエール・ブルデューの社会学的思考

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月16日 08時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 438p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588151057
  • NDC分類 361.235
  • Cコード C3036

出版社内容情報

アルジェリア戦争の経験を経て、哲学徒は社会学者へとなっていく。社会調査を実践しながら、独自の理論をつくり上げたブルデュー。彼の思考の生成と展開を手がかりに、著者は社会学的認識について探究する。膨大な未邦訳文献と一次史料を用い、その理論の独自性を浮き彫りにしていく。社会科学と政治のかかわりも考察し、「社会学とはなにか」と改めて問いかける気鋭の研究者による書。

内容説明

理論と調査を往還し、独自の認識論を打ち立てた社会学者の足どりを丹念に追う。ハビトウス、界、資本という基礎概念はいかに形成されたのか。膨大な未邦訳文献と一次史料からその葛藤を浮き彫りにする。

目次

第1章 社会学と認識問題
第2章 哲学徒のアルジェリア経験
第3章 六〇年代のブルデューと社会調査
第4章 三つの基礎概念の形成
第5章 「階級」と社会空間
第6章 社会学的認識と反省性
補章 「中範囲の理論」以後の社会学的認識

著者等紹介

磯直樹[イソナオキ]
群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。フランス国立社会科学高等研究院博士課程・ヨーロッパ社会センター(現・CESSP‐Paris)留学を経て、一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士課程修了。博士(社会学)。大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室特任助教・URA、日本学術振興会特別研究員PDを経て、現在は同RPD、慶應義塾大学法学部訪問研究員、江戸川大学他非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽん教授(非実在系)

2
エピステモロジーとブルデューの社会学的思考の関係性を軸に、ブルデューについて多面的に論じていく。認識論史やブルデューの伝記的説明、量的・質的調査を含めた社会(科)学方法論、ハビトゥス・界・(文化)資本概念の定義の揺れと使われ方、ブルデューがやりたかったこととマートンらアメリカ社会学との違い、などなど扱うテーマは非常に多く様々な英仏の文献を用いているため丁寧である。もっとも、ブルデューを専門にしていない人間たる自分からすれば、ページ数に対して説明が不足しているようにも感じる。何度も読み返すべきであろう。2020/04/20

Kan T.

1
補論を読み、文化人類学とは何をする学問なのか、いっそうわからなくなってしまった。ひろく読まれるべき本だと思います。2020/07/02

たろーたん

0
ブルデュー理論をどのように現代に繋げ、応用していくのか、という「ブルデュー理論の後、どうするか」ではなく、ブルデューはなぜこのような研究をしたのか、ハビトゥスはどのように生まれたのか、という「ブルデュー理論の前はどうだったのか」を説明した本。ブルデューが好きな人にとっては、「ブルデューは『ディタンクシオン』を書く前にこんなことがあったのか!」と喜べるかもしれませんが、私はそこまでブルデューが好きではなかったので、この本はあまり好きじゃないです。少なくとも、素人が読む本ではないです。2020/12/19

文狸

0
お世辞にも全てを理解したとは言えないが、とりあえず目を通した。ハビトゥス・界・資本という基本的三概念、階級と社会空間について、「認識と反省性」をテーマに論じていた。2020/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15236816

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。