カントと啓蒙のプロジェクト―『判断力批判』における自然の解釈学

個数:

カントと啓蒙のプロジェクト―『判断力批判』における自然の解釈学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月05日 20時15分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150845
  • NDC分類 134.2
  • Cコード C1010

内容説明

自然の反省から「よき生」の構想へ―。カント哲学を「自然支配の理論」とみなして批判した、ベーメ兄弟の議論は正当なものであったのか?啓蒙のプロジェクトの再検討を促した問題作『理性の他者』に反論すべく、『判断力批判』の議論を「自然の解釈学」として捉え直し、カントの自然美学および自然目的論を体系的に把握する気鋭の研究。

目次

序論
第1章 『理性の他者』と「自然の解釈学」
第2章 趣味判断と自然美の象徴的理解
第3章 崇高の判断と自然の他者性
第4章 目的論的判断と自然の自立性
第5章 啓蒙のプロジェクトと「自然の解釈学」
結論

著者等紹介

相原博[アイハラヒロシ]
1975年東京都生まれ。1998年、法政大学文学部哲学科卒業。2013年、法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士後期課程修了。法政大学・法政大学大学院兼任講師、国士舘大学非常勤講師。博士(哲学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

近代的人間理性を批判するにあたって、カント哲学を「自然支配の理論」とみなして標的にしたベーメ兄弟の議論は正当なものであったのか? 啓蒙のプロジェクトの再検討を促した問題作『理性の他者』に反論すべく、『判断力批判』の議論を「自然の解釈学」として捉え直し、未規定の自然を象徴的に理解する能力としての反省的判断力の解明を通して、カント自然美学を体系的に把握する気鋭の研究。