ハイデガー読本

個数:

ハイデガー読本

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 331,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784588150708
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C1010

内容説明

存在という出来事への根源的問いを通じて、現代思想に決定的衝撃を与えた、二十世紀最大の哲学者ハイデガー。その前期・中期・後期へと展開する思索の歩みを、日本の研究者の総力を挙げて論じ、これまでの研究史を更新する試み。『全集』各巻ごとの内容概観、「黒ノート」をめぐる特別寄稿も収録。

目次

第1部 前期ハイデガーの思索―最初期から『存在と時間』まで(神学という由来―ハイデガーの生い立ち;「カントへ還れ」から「事象そのものへ」―問いの出発点;事実性の解釈学―初期フライブルク期という「道」 ほか)
第2部 中期ハイデガーの思索―一九三〇年代から第二次世界大戦まで(メタ存在論、不安と退屈、自由―「形而上学」の展開;学長ハイデガーの大学改革構想―『ドイツ大学の自己主張』;もっとも無気味なものへの問い―『形而上学入門』と「芸術作品の根源」 ほか)
第3部 後期ハイデガーの思索―第二次世界大戦後から最晩年まで(西洋哲学の原初―「アナクシマンドロスの箴言」を中心に;近代ヨーロッパの終焉―「ニーチェの言葉“神は死んだ”」「詩人は何のために」;思索という行為―『「ヒューマニズム」について』『何が思索を命ずるか』 ほか)

著者等紹介

秋富克哉[アキトミカツヤ]
1962年生。京都工芸繊維大学教授

安部浩[アベヒロシ]
1971年生。京都大学准教授

古荘真敬[フルショウマサタカ]
1968年生。東京大学准教授

森一郎[モリイチロウ]
1962年生。東北大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件