ドン・デシャン哲学著作集(全一巻)

個数:

ドン・デシャン哲学著作集(全一巻)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 849p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150470
  • NDC分類 135.3
  • Cコード C3010

内容説明

フランス十八世紀の啓蒙思想を「半啓蒙」と評して、その不徹底さを衝き、宗教の廃絶および法の支配する階級社会の廃絶を同時に達成すべくより根底的な社会変革を唱えたドン・デシャン。同時代のルソーやディドロに少なからぬ感銘を与えながら、あまりに過激な内容ゆえに二世紀にわたって封印され、埋もれてきたその哲学的手稿を完全な姿で復元する。

目次

第1部 刊行書(時代精神についての手紙(一七六九年)
当代の理性、特に『自然の体系』の著者のそれに反対する理性の声、問答による(一七七〇年))
第2部 写本(真理または真の体系;井戸の底から引き出した真理)
第3部 自筆稿
付属資料

著者等紹介

デシャン,ドン[デシャン,ドン][Deschamps,Dom]
本名レジェ=マリ・デシャン。1716‐74。フランスのブルターニュ地方、レンヌで執達吏の子として生まれ、17歳でベネディクト会の修道士となり、1757年から、ロワール川中流の町ソーミュールに近いモントルイユ=ベレにある小さな僧院の責任者として平穏な一生を送った。生前、啓蒙思想を攻撃する2点の著作を公にしたが、それとは別に多くの哲学的手稿を書きためており、それを少しずつ当時の有名思想家らに見せて、彼らを自説に獲得しようとし、事実、リソーやディドロに少なからぬ感銘を与えた。それらの手稿は19世紀中葉に初めて発掘され、1960年代から研究家たちの注目を浴びて、1993年に全体が活字化された。18世紀のフランスが生んだ最も独創的な形而上学者で、その社会構想はユートピスムの極北と言うべく、啓蒙思想を「半啓蒙」と評して、より根底的な社会変革を唱えたその思想は、啓蒙思想への「左からの批判」とも、また「ヘーゲル以前のヘーゲル」とも目されている

野沢協[ノザワキョウ]
1930年鎌倉市に生まれる。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学教授、駒沢大学教授を務める。主な訳書:P.アザール『ヨーロッパ精神の危機』(第9回クローデル賞)、A.リシュタンベルジェ『十八世紀社会主義』(第19回日本翻訳文化賞)、『ピエール・ベール著作集全8巻・補巻1』(全巻個人訳)(第2回日仏翻訳文学賞・第34回日本翻訳文化賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

フランス十八世紀の啓蒙の時代に独創的な形而上学体系と平等主義的社会理論を孤独の中で編み出した無名修道士の手稿を完全な姿で復元