角川選書<br> 妖怪学の祖 井上圓了

個数:
電子版価格 ¥1,468
  • 電書あり

角川選書
妖怪学の祖 井上圓了

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047035188
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0339

内容説明

明治時代、人々は狐憑きやコックリさんなどの怪現象に右往左往していた。若き哲学者の井上圓了は、それらに合理的な道筋をつけることこそが哲学普及につながると信じて奔走。柳田國男からは見地の違いから「井上圓了君には徹頭徹尾反対」と言われながらも、開学した「哲学館」(現東洋大学)で「妖怪学」の講義を行い、日本各地で膨大な怪異談を収集した。妖怪学者であり、哲学者、宗教改革者であった隠れた偉人、初の評伝。

目次

プロローグ 一枚の写真からはじまる
第1章 哲学者圓了―越後長岡、寺育ち
第2章 妖怪学者圓了―迷信撲滅をめざして
第3章 続妖怪学者圓了―宿敵勢揃い
第4章 宗教改革者圓了―寺院なくして信仰ありや
エピローグ 一枚の写真で終わる

著者紹介

菊地章太[キクチノリタカ]
1959年、横浜市生まれ。筑波大学卒業後、フランス・トゥールーズ神学大学高等研究院留学。現在、東洋大学教授。文学博士。比較宗教史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「妖怪博士」と呼ばれた哲学者がいた!

狐憑きなどの怪現象が頻発していた明治時代。哲学者の井上圓了は、それらに合理的な道筋をつけることが哲学普及につながると、奔走。哲学館を開学して「妖怪学」の講義を行い、膨大な怪異談を収集した。初の評伝!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件