言葉と世界―ヴィルヘルム・フォン・フンボルト研究

個数:

言葉と世界―ヴィルヘルム・フォン・フンボルト研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 252p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150357
  • NDC分類 134.3
  • Cコード C3010

内容説明

フンボルトの生涯と活動、言語比較方法、ヤーコプ・グリムとの学的交流、フンボルトとハイデガー、言語の民族性、日本語研究等々、フンボルト言語論の核心に迫るテーマを、未刊の書籍や草稿を発掘・駆使して解き明かした研究の集大成。

目次

第1章 ヴィルヘルム・フォン・フンボルト―その生涯と活動
第2章 フンボルトにおける言語比較の方法
第3章 フンボルトとヤーコプ・グリムの学的交流
第4章 フンボルトとマルティン・ハイデガー
第5章 言語の民族性研究の系譜―ヘルダー、フンボルト、ヴァイスゲルバー
第6章 フンボルトの日本語研究
第7章 ドイツ観念論哲学における言語の問題―シェリングの場合

著者等紹介

亀山健吉[カメヤマケンキチ]
1922年生まれ。1948年東京大学文学部倫理学科卒業。1950‐51年ガリオア留学生としてクレアモント大学院に留学。56‐58年A.v.フンボルト財団留学生としてハイデルベルク大学、テュービンゲン大学に留学。日本女子大学教授、城西国際大学教授を経て日本女子大学名誉教授。訳書:ヴィルヘルム・フォン・フンボルト『言語と精神―カヴィ語研究序説』(法政大学出版局、第21回日本翻訳出版文化賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生涯と活動,ヤーコプ・グリムとの学的交流,日本語研究など,フンボルト言語論の核心に迫るテーマを,未刊の書簡や草稿を発掘・駆使して解き明かす研究の集大成。