ハンナ・アーレント―世界との和解のこころみ

個数:

ハンナ・アーレント―世界との和解のこころみ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 11時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 309,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588130205
  • NDC分類 311.234
  • Cコード C1010

内容説明

20世紀を代表する政治思想家にして、一人のユダヤ人女性でもあったアーレント。その公共性の哲学を根底で動かしてきたものとは何か。困難な現実を知性によって「理解」し、言葉で物語ることを通じて世界との「和解」に達しうる精神の可能性を探る。思考する私たち自身を社会へと開いていくためのアーレント試論。

目次

第1部 言語(言語を信頼する―『ラーエル・ファルンハーゲン』をめぐって;世界の複数性にもどる)
第2部 思考(空間を創造する;過去と未来の間の裂け目で動く)
第3部 構想力(世界の中で方向を定める;感覚の世界から離れる)
第4部 文学(世界と和解する)

著者等紹介

対馬美千子[ツシマミチコ]
カリフォルニア大学バークレー校大学院博士課程レトリック学科にて博士号取得。筑波大学人文社会系准教授。表象文化論、文学への思想的アプローチ、言語思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

呼戯人

16
ハンナ・アーレントは、最も偉大な女性哲学者だと思う。この著作は、ハンナ・アーレントの物語哲学に焦点をあてて描かれた哲学の肖像である。生は思考であるが、思考は物語や詩に沿って働く。物語は無世界性の中で産み落とされ、唯一の個性として生きる人間が世界を理解し、理解の中で和解する形式の一つである。その意味でハンナ・アーレントの哲学は、生が思考において世界と和解する癒しの哲学なのである。マージナルマンとしてのユダヤ人は、無世界性の中で生きるが、青年も皆そうである。和解するそれこそ大人として生きることである。2016/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10637177

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。