• ポイントキャンペーン

人間知性研究―付・人間本性論摘要 (普及版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588121944
  • Cコード C3010

内容説明

認識論、形而上学、行為論、道徳論などを問題そのものとして論じるとき、18世紀の彼の哲学は21世紀のいまもひとつの指針を与えてくれる。

目次

人間知性研究(哲学の異なった種類について;観念の起源について;観念の連合について;知性の作用に関する懐疑的疑念;これらの疑念の懐疑論的解決;蓋然性について;必然的結合の観念について;自由と必然性について;動物の理性について;奇蹟について;特殊的摂理と未来(来世)の状態について
アカデミー的あるいは懐疑的哲学について)
付・人間本性論摘要

著者等紹介

ヒューム,デイヴィッド[ヒューム,デイヴィッド] [Hume,David]
1711年4月26日生まれ。スコットランドを代表する哲学者。エディンバラ大学で学び、哲学やその他の分野についての執筆活動をするとともに、フランス大使秘書などに就く。1776年8月25日死去

斎藤繁雄[サイトウシゲオ]
1920年生まれ。東洋大学大学院文学研究科哲学専攻(修士)修了。現在、東洋大学名誉教授、文学博士。専攻、イギリス哲学。2018年逝去

一ノ瀬正樹[イチノセマサキ]
1957年生まれ。東京大学大学院哲学専攻博士課程修了。博士(文学)。現在、東京大学名誉教授・武蔵野大学教授・オックスフォード大学名誉フェロウ。和辻哲郎文化賞、中村元賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

主著『人間本性論』第1巻をよりよく書き直したという本書で、ヒュームは因果論を深め、自由と必然、奇跡や摂理などを新たに論じた。『人間本性論摘要』を付す。