叢書・ウニベルシタス<br> 科学史・科学哲学研究 (新装版)

個数:

叢書・ウニベルシタス
科学史・科学哲学研究 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月12日 17時42分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 633,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588099533
  • NDC分類 402
  • Cコード C1310

目次

序章―科学史の対象
1 追憶(コペルニクスの世界の中のヴェサリウスの人間;ガリレイ―業績の意味と人間としての教訓;フォントネル―哲学者にして科学史家)
2 解釈(オーギュスト・コント;チャールズ・ダーウィン;クロード・ベルナール;ガストン・バシュラール)
3 探求(生物学;生物の新しい認識;心理学;医学)

著者等紹介

カンギレム,ジョルジュ[カンギレム,ジョルジュ][Canguilhem,Georges]
1904年フランス西南部のカステルノダリーに生まれる。ソルボンヌで哲学を、ストラスブール大学で医学を修め、バシュラールに師事して科学哲学研究者の道を歩む。バシュラールの後任としてパリ大学科学史・技術史研究所長をつとめ、1955年から71年までソルボンヌの教壇に立ち、科学史・科学哲学を講じた、科学哲学、医学、生物学にわたる深い学殖をもとに、概念の生成を歴史的に究明し、アルチュセール派、ラカンの後継者たち、さらにはフーコー、ダゴニェ、ブルデュー、セールらに大きな影響を与えた。95年9月死去

金森修[カナモリオサム]
1954年生まれ。1995年パリ第一大学哲学博士。86年東京大学比較文学比較文化博士課程満期退学。現在、東京大学大学院教育学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。