叢書・ウニベルシタス
文明化の過程〈下〉社会の変遷/文明化の理論のための見取図 (改装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 488,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588099274
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C1336

目次

第3部 ヨーロッパ文明の社会発生について(宮廷社会に関する概観;絶対主義の社会発生に関する簡単な前置き;中世における社会発展の仕組みについて)
まとめ 文明化の理論のための見取図(自己抑制を迫る社会的圧力;長期的視野への強制と自己抑制の拡大 ほか)

著者等紹介

エリアス,ノルベルト[エリアス,ノルベルト][Elias,Norbert]
1897年ブレスラウ(現ポーランド)生まれのユダヤ系ドイツ人の社会学者。ブレスラウ、フライブルク、ハイデルベルクの各大学で医学・哲学・心理学を修め、ヤスパース、フッサールらに学ぶ。フランクフルト大学で教鞭をとった後、パリ、ロンドンで教職につき、ガーナ大学教授もつとめた。フランクフルト大学名誉教授。1977年に第1回アドルノ賞を受賞。1990年死去

波田節夫[ハタセツオ]
1957年東京大学大学院修士課程修了。大阪大学名誉教授。文学博士(大阪大学)

溝辺敬一[ミゾベケイイチ]
1965年大阪市立大学大学院修士課程修了。大阪大学名誉教授

羽田洋[ハダヒロシ]
1948年東京大学文学部独文科卒業、大阪大学名誉教授、1993年歿

藤平浩之[トウヘイヒロユキ]
1961年大阪大学大学院修士課程修了。大阪大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

●内容紹介(版元ドットコムより)
心理的自己抑制の深化・拡大を主旋律とする文明化の波動が、人間相互・諸階級間の経済的・政治的重層構造=織物としての社会の変遷といかに関連するかを考察する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件