叢書・ウニベルシタス<br> アウグストゥス―虚像と実像

個数:

叢書・ウニベルシタス
アウグストゥス―虚像と実像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月22日 16時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 596p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588011207
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1022

出版社内容情報

ローマ史に燦然と名を残す皇帝アウグストゥス。カエサルの跡を継ぎ、対立する有力政治家や元老院の貴族勢力を抑え、やがて神的な至上権を握るまでにいたった毀誉褒貶の独裁者は、実のところいかなる人物であったのか? その政治手法やPR術に注目しつつ、青年オクタウィアヌスが自らを神話化していった行程をつぶさにあとづけ、帝政時代の礎がいかに築かれたのかを分析する歴史学の労作。英国の碩学レヴィックの初の邦訳。

内容説明

ローマ史に燦然と名を残す皇帝アウグストゥス。カエサルの跡を継ぎ、対立する有力政治家や元老院の貴族勢力を抑え、やがて神的な至上権を握るまでにいたった毀誉褒貶の独裁者は、実のところいかなる人物であったのか?その政治手法やPR術に注目しつつ、青年オクタウィアヌスが自らを神話化していった行程をつぶさにあとづけ、帝政時代の礎がいかに築かれたのかを分析する歴史学の労作。英国の碩学レヴィックの初の邦訳。

目次

序論 謎
第1章 オクタウィアヌス―独裁者の跡継ぎ
第2章 政治家アウグストゥスの進化
第3章 元首の統治術と人々の幸福度
第4章 反対派と不満分子
第5章 君主の自己PR
第6章 芸術と文学の中のアウグストゥス
第7章 神という仮面

著者等紹介

レヴィック,バーバラ[レヴィック,バーバラ] [Levick,Barbara]
古代ローマ共和政末期と帝政初期を専門とする歴史学者。オックスフォード大学セント・ヒルダズ・カレッジ名誉フェロー。同大セント・ヒューズ・カレッジ出身。R.サイムを指導教官に博士号を取得後、セント・ヒルダズ・カレッジにて長年教鞭をとる(1959‐1998)。数々の歴史学者を育成すると同時に、第一線の研究者として論文・著書も多数ある。2度の来日経験があり、日本人研究者との親交も深い親日家である

マクリン富佐[マクリンフサ]
フリーランス翻訳者。古代ローマ史に関心を持つ。オックスフォード在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。