叢書・ウニベルシタス<br> ラディカル無神論―デリダと生の時間

個数:

叢書・ウニベルシタス
ラディカル無神論―デリダと生の時間

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月16日 22時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 478p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588010620
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1310

出版社内容情報

神を超える時間的有限性を措定したデリダのラディカル無神論を鍵概念として、有限性のうちにのみに開かれる脱構築の可能性を論じる。デリダ晩年のテクストに倫理・宗教・政治的転回を読みとる議論に徹底的な反駁をくわえ、時間・生死・倫理・他者に対するデリダの一貫した思考をあきらかにする。神を否定するにとどまらず、神に先立ちそれを超える時間的有限性を措定するデリダのラディカルな無神論を鍵概念として、有限の時間のなかにあってなお生き延びることを欲する者のみに開かれる脱構築の新たな可能性を論じた俊英の哲学的主著。

マーティン・ヘグルンド[ヘグルンド マーティン]

吉松 覚[]

松田 智裕[]

島田 貴史[]

内容説明

痕跡の時間構造と自己免疫性の論理より導かれるデリダのあまりにもラディカルな無神論は、神を否定するにとどまらず、神すらも有限の時間のもとで堕落・汚染・変質の脅威に曝されるものとみなした。神の脱構築を通じて“生き延び”の思考を練り上げたデリダと、カント、フッサール、レヴィナス、ラクラウらとの決定的な差異を鮮やかに指摘する俊英の哲学的主著。日本語版付録としてメイヤスー批判論文を収録する。

目次

第1章 時間の自己免疫性―デリダとカント
第2章 原‐エクリチュール―デリダとフッサール
第3章 原‐暴力―デリダとレヴィナス
第4章 生の自己免疫性―デリダのラディカル無神論
第5章 デモクラシーの自己免疫性―デリダとラクラウ

著者等紹介

ヘグルンド,マーティン[ヘグルンド,マーティン] [H¨agglund,Martin]
1976年スウェーデンに生まれる。博士(比較文学)。現在、イェール大学教授(人文学)

吉松覚[ヨシマツサトル]
1987年生まれ。2016‐7年度フランス政府給費留学生としてパリ西大学博士課程およびパリ高等師範学校に在籍中。哲学およびフランス思想専攻

島田貴史[シマダタカフミ]
1986年生。東京大学大学院博士後期課程。フランス現代思想専攻

松田智裕[マツダトモヒロ]
1986年生。立命館大学大学院文学研究科博士課程。哲学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件