叢書・ウニベルシタス<br> カントの自由論

個数:

叢書・ウニベルシタス
カントの自由論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 18時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 590p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588010606
  • NDC分類 134.2
  • Cコード C1310

内容説明

現代の英米圏を代表する哲学史家の一人であり、この四半世紀で世界的に最も高く評価されてきたカント研究者であるアリソンの主著にして、初の邦訳。自由と道徳的意志の根拠をめぐる、近年の発展著しい議論の蓄積を踏まえつつ、カントの超越論的観念論にもとづく倫理学の核心部ならびに全体像を網羅的・体系的に示した第一線の書物、画期的な全訳!

目次

第1部 『純粋理性批判』における自由と理性的行為者性(第三アンチノミー;経験的性格と叡知的性格;実践的自由と超越論的自由 ほか)
第2部 道徳的行為者性と道徳心理学(理性的行為者性と自律;義務、傾向性、尊敬;“意志”、“選択意志”心根 ほか)
第3部 道徳性と自由の正当化(相互性テーゼ;『基礎づけ』第三者における演繹;理性の事実と自由の演繹)

著者等紹介

アリソン,ヘンリー・E.[アリソン,ヘンリーE.] [Allison,Henry E.]
1937年生まれ、アメリカの哲学史家・カント研究者。カリフォルニア大学サンディエゴ校およびボストン大学の名誉教授

城戸淳[キドアツシ]
1972年生まれ、東北大学大学院文学研究科准教授。博士(文学)。専門は哲学・倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。