叢書・ウニベルシタス<br> 現代革命の新たな考察

個数:

叢書・ウニベルシタス
現代革命の新たな考察

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 394,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588010200
  • NDC分類 311
  • Cコード C1310

内容説明

ポピュリズムが跋扈する現実社会との対決から、新しい民主主義のための政治理論を創造する。「敵対性」、「転位」、「偶発性」、「ヘゲモニー」といった重要概念を理論的に定式化し、ポスト・マルクス主義からラディカル・デモクラシーに至る射程へその可能性を展開させる。シャンタル・ムフとの共著論文、精神分析理論と政治理論を節合させたスラヴォイ・ジジェクによる論考も付す。

目次

第1部(現代革命の新たな考察)
第2部(社会の不可能性について;精神分析とマルクス主義 ほか)
第3部 南アフリカについて(エルネストへの書簡(アレッタ・J・ノーバル)
アレッタへの書簡)
第4部 インタビュー(ニューレフトの形成;理論、民主主義、社会主義)
付録 言説‐分析を超えて(スラヴォイ・ジジェク)

著者等紹介

ラクラウ,エルネスト[ラクラウ,エルネスト] [Laclau,Ernesto]
1935年アルゼンチン生まれ(2014年没)。長年にわたって英国エセックス大学にて研究活動を展開。ポスト・マルクス主義およびラディカル・デモクラシーの理論家として知られる

山本圭[ヤマモトケイ]
1981年京都府生まれ。名古屋大学大学院国際言語文化研究科単位取得退学。博士(学術)。エセックス大学政治学研究科留学、日本学術振興会特別研究員などを経て、岡山大学大学院教育学研究科専任講師、国際基督教大学社会科学研究所研究員。専門は政治学、政治理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ラウリスタ~

7
「ポスト・マルクス主義およびラディカル・デモクラシーの理論家」ラクラウの論文をまとめて1990年にだされた英訳の翻訳。ソ連崩壊まえの論文だから、しごく真面目にマルクス主義の未来について書いてある。ただ、訳者後書きを読むまで、なにについて書かれたいるのか、ほとんど全く分からなかった。2015/05/20

34

6
現代哲学のミクロ・パラダイムがシュミットの「主権者」の概念に遡って見出せることを指摘し、それを現代政治の諸問題に適用した哲学者としてはアガンベンが有名だが、ラクラウ(およびムフ)はそれをマルクス主義のジレンマに適用してみせた。ラクラウはマルクス自身の著作にも見られる以下のジレンマを指摘する。①資本の発展から帰結する生産諸力と生産諸関係のあいだの矛盾(現象的には経済恐慌となってあらわれる)が、②資本家とプロレタリアートの階級対立(ラクラウの用語では「敵対性」)と論理的に同一視できない、すなわち①と②が必然的2016/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8989746

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。