叢書・ウニベルシタス<br> 自己を超えて―ウィトゲンシュタイン、ハイデガー、レヴィナスと言語の限界

個数:

叢書・ウニベルシタス
自己を超えて―ウィトゲンシュタイン、ハイデガー、レヴィナスと言語の限界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月25日 12時16分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 606,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009723
  • NDC分類 133.5
  • Cコード C1310

内容説明

「自己を超えて」他者への受容性と慎み深さの生の地平を切り開く。ウィトゲンシュタインとハイデガーとの接点たる「言語の限界」の思想から、レヴィナスの他者の思想へ、カペル、エマソンの自己超越の思想へと展開する哲学的対話。「他者を志向する/別の仕方での教育」の可能性を拓く実践哲学の書。

目次

第1章 序論
第2章 言語のザラザラした大地
第3章 意味と神話
第4章 自己を超えて
第5章 自律性を超えて
第6章 受容性と言語の限界
第7章 ハイデガーにとって本質的なものとは:語られていないものの詩学
第8章 平等に先立つ倫理:レヴィナスに続く道徳教育
第9章 より高等な教育のエコノミーに向けて

著者等紹介

スタンディッシュ,ポール[スタンディッシュ,ポール][Standish,Paul]
バーミンガム大学で博士号取得(教育哲学)。現在、ロンドン大学教育研究所、教授(教育哲学部門長)。2001年から2011年まで、イギリス教育哲学会の学術誌Journal of Philosophy of Education編集長。専門は、ウィトゲンシュタインとハイデガーの哲学、エマソン、ソロー、カペルのアメリカ哲学および、ポスト構造主義の哲学で、分析哲学と大陸哲学の間の創造的な緊張関係を追究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。