叢書・ウニベルシタス<br> 社会の政治

個数:

叢書・ウニベルシタス
社会の政治

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月25日 10時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 648,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009686
  • NDC分類 311.13
  • Cコード C3336

内容説明

全体社会は政治システムそのものであり、その環境でもあると考えていたルーマンは、政治をめぐる権力や国家の意味、市民社会などをどのようにとらえていたのか?

目次

第1章 社会の政治―問題提起
第2章 権力というメディア
第3章 政治システムの分出と作動上の閉鎖性
第4章 政治的決定
第5章 政治の記憶
第6章 政治システムの国家
第7章 政治的組織
第8章 世論
第9章 自己記述
第10章 構造的カップリング
第11章 政治の進化

著者等紹介

ルーマン,ニクラス[ルーマン,ニクラス] [Luhmann,Niklas]
1927年ドイツのリューネブルクに生まれる。1968‐1993年ビーレフェルト大学社会学部教授。1970年代初頭にはハーバーマスとの論争により名を高め、80年代以降「オートポイエーシス」概念を軸とし、ドイツ・ロマン派の知的遺産やポスト構造主義なども視野に収めつつ、新たな社会システム理論の構築を試みた。1990年前後よりこの理論を用いて現代社会を形成する諸機能システムの分析を試み、その対象は経済、法、政治、宗教、科学、教育、社会運動、家族などにまで及んだ。1998年没

小松丈晃[コマツタケアキ]
1968年宮城県に生まれる。東北大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、北海道教育大学函館校准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぷほは

2
セールの『寄食者』の論理はたびたび参照されるものの、この時期に描かれている議論では『社会の経済』に登場していた「悪魔的一般化」という用語は登場せず、もっぱら権力というメディアのシンボリックな側面が説明の対象となっている。循環と逆循環の二重の循環、コンセンサスとディッセンサスの相互作用と反作用等、ガトリングガンのように連発される論点の数々ではあるが、権力論と「集合的な拘束力のある意思決定」という政治システムの本筋を押さえることができれば、まだ眺め通すことはできるか。前期著作の『権力』なども読む必要がある。2017/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7394658

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。