叢書・ウニベルシタス
正義をこえて―公正の探求〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588008672
  • NDC分類 321.1
  • Cコード C1310

内容説明

法哲学や裁判という未開拓の領域にリクールが初めて踏み込んだ意欲作。20世紀に荒れ狂った戦争と巨大犯罪によって提起された政治的・倫理的問題系が、法の問題系を覆い隠してしまった風潮に抗して「法を正当に認識し、正義を正当に評価する課題」に果敢に挑む。

目次

権利の主体は誰か
責任の概念―意味論的分析の試み
純粋に手続き的な正義論は可能か―ジョン・ロールズの『正義論』について
ジョン・ロールズの『正義論』以後
正義の審級の複数性
ハンナ・アーレントによる感性的判断と政治的判断
解釈と/または論証
裁く行為
制裁、復権、赦し
良心と法律―哲学的争点

著者等紹介

リクール,ポール[リクール,ポール][Ricoeur,Paul]
現代フランスを代表する哲学者。1913年フランス南東部ヴァランスに生まれる。35年の教授資格試験に合格。マルセル、ヤスパースの実存哲学とフッサールの現象学の影響を同時に受ける。39年第二次世界大戦に動員され、捕虜となって45年まで収容所生活を送るが、その間にフッサールの『イデーン1』を仏訳。48年ストラスブール大学の哲学史講座を担当。50年国家博士号を取得。56年よりパリ・ソルボンヌ大学で教え始め、66年からナンテール校に移る。70年からはシカゴ大学で教えるようになり、英語圏の哲学、神学界でも活躍。数多くの著作や論文があり、その多くが邦訳されている。2005年5月死去

久米博[クメヒロシ]
1932年生まれ。1957年、東京大学文学部卒業。1962年、東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。1967年、ストラスブール大学プロテスタント神学部大学院修了。同大学宗教学博士。立正大学教授を経て、現在同大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

singoito2

2
図書館で見かけて読んでみました。リクールの解釈学や物語的自己同一性の理論を法哲学に応用してみた、という意欲作。リクールの愛読者なら、社会問題に取り組むリクールの姿を知るという意味で面白いけど、入門書としてはお奨めできない感じですね。2021/11/01

メルセ・ひすい

0
9-24 講義とシンポ・・ 読みにくい論文集 10篇 `92~95 法哲学や裁判という未開拓の領域に、リクールが初めて踏み込んだ意欲作。政治的・倫理的問題系が法の問題系を覆い隠してしまった風潮に抗して、「法を正当に認識し、正義を正当に評価する課題」2007/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/325777

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。