ジャイナ教―非所有・非暴力・非殺生 その教義と実生活

個数:

ジャイナ教―非所有・非暴力・非殺生 その教義と実生活

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月29日 10時41分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 371p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846003135
  • NDC分類 168
  • Cコード C0014

内容説明

一、生きものを殺すなかれ。二、偽りのことばを語るなかれ。三、与えられないものをとるな。四、淫事を行うなかれ。五、なにものも所有するなかれ(執着するなかれ)―出家修行者が遵守すべき五大誓戒が出発点である。宗教的苦行があって、解脱が得られると解く。この厳しい戒律によって、仏教と異なりインド以外の地に渡っていないが、およそ二五〇〇年の長きにわたり、インド文化・経済に強い影響を与えつづけ、現在もなお篤信の在家信者二三〇万人を擁する“勝利者”の意を冠した究極の平和宗教集団―ジャイナ教のすべてを知る初めての本。

目次

第1章 思想の背景
第2章 聖典の歴史
第3章 聖典の教義
第4章 戒律
第5章 教団の生活
第6章 最古の聖典『アヤーランガ・スッタ』におけるテキストの伝承
第7章 諸悪莫作と人間存在の関係性―十二支縁起
第8章 現在の教団

著者等紹介

渡辺研二[ワタナベケンジ]
1950年生まれ。79年大正大学大学院文学研究科博士課程(梵文学専攻)満期修了。79‐81年ベルギー国立ゲント大学文学・哲学科Navorser(研究員)。J・デルー教授の下でジャイナ学の基本とアバブランシャ語を学ぶ。Ch・ヴィレメン教授の下で『ウダーナヴァルガ』を学ぶ。明治大学(インド思想)、女子美術大学・亜細亜大学(宗教)・大正大学(インド文化史)、淑徳短期大学(宗教)非常勤講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。