叢書・ウニベルシタス<br> シネマ〈1〉運動イメージ

個数:

叢書・ウニベルシタス
シネマ〈1〉運動イメージ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月28日 18時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 389,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588008559
  • NDC分類 778
  • Cコード C1310

内容説明

「映画」を思考することによって「運動」や「時間」をめぐる哲学の概念を新たに作り直す。ドゥルーズの真に創造的な傑作。

目次

運動に関する諸テーゼ―第一のベルクソン注釈
フレームとショット、フレーミングとデクパージュ
モンタージュ
運動イメージとその三つの種類―第二のベルクソン注釈
知覚イメージ
感情イメージ―顔とクロースアップ
感情イメージ―質、力、任意空間
情動から行動へ―欲動イメージ
行動イメージ―大形式
行動イメージ―小形式
フィギュール、あるいは諸形式の変換
行動イメージの危機

著者等紹介

ドゥルーズ,ジル[ドゥルーズ,ジル][Deleuze,Gilles]
1925年生まれのフランスの哲学者。1969年からパリ第八大学教授をつとめる。ドゥルーズは概念の創造に哲学本来のあり方を探り、自ら概念を新たに創造することによって哲学を作り直そうとした。1995年11月4日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

wadaya

10
若い頃、映画学校に通っていたことがある。映画を志すと必ず打ち当たる壁がある。純粋に映画が好きで入って来た者も、僕のように映画をアートと考えている者にも等しく「商業的」な壁が立ち塞がる。最終的に学校を卒業した者は半数以下、映画産業に進路を求めた者は数えるほどしかいない。私も映画の道には進まなかった。ドゥルーズは序文で既に私の気持ちを代弁してくれている。「映画作りの桁外れに大きな部分がくだらないものであるが、偉大な映画作家たちは他の芸術に比べ外的要因に潰されやすいというだけで、私たちに程度の差こそあれ偉大な→2020/04/30

ぴこ

3
冒頭でこれは映画史ではなくイメージの分類学だと宣言されているが、歴史的な順序に従って分析されているように見える。そこが批判される所でもあるんだけどドゥルーズの隠れた意図があるような気もする。とにかく参照される映画の数が半端じゃない。何度もベルクソンの物質と記憶に戻る必要があるし、パースも読んでおきたい(読んでないけど)。黒澤がシチュエーションのデータを問いのデータに高めたと論じてるところでぐっときた。2017/03/31

コタロー

1
よくわからんとこのほうが多かったがさしたる問題もなし。とりあえず下巻へ向かう。2014/09/02

madofrapunzel

1
★★★★★ 第四章まで。映画に描かれる運動の概念を抽出し、創造する。素晴らしい試み。例えばカメラの視点から描かれる運動とは、何か、などなど。財津氏いわく、『シネマ』はカントの『判断力批判』に相当するとのこと。2013/02/04

みるけぶーね

1
お洒落気取って読んでみたらとんでもなかった。2011/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/67303

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。