叢書・ウニベルシタス<br> ヴァーグナーとインドの精神世界

叢書・ウニベルシタス
ヴァーグナーとインドの精神世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 257,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588007286
  • NDC分類 762.34
  • Cコード C1373

出版社内容情報

インドの文化と思想に傾倒したヴァーグナーの知られざる側面に光を当て,作品の時代背景に見られるインド的なものを繙き,新鮮なヴァーグナー像を描き出す。

内容説明

ヴァーグナーはブッダを主人公にした楽劇の草稿を残していた。自らを仏教徒と称しインドの文化と思想に傾倒したその知られざる側面から、新鮮なヴァーグナー像を描き出す。

目次

ヴァーグナーのインド観(ショーペンハウアーに導かれて;古代インドの叙事詩;仏教―個人的、芸術的関心の焦点;様々なインド文学)
ヴァーグナー的美学とインドの形而上学
楽劇の中のインド(トリスタンとイゾルデ;神々の黄昏;勝利者たち;パルジファル)

著者等紹介

スネソン,カール[スネソン,カール][Suneson,Carl]
1941年スウェーデンのストックホルムに生まれる。ストックホルム大学、インドのマドラス大学でインド学を専攻。インドの試作技法の研究で教授資格を取得。病のため失明しながらも、ストックホルム大学インド学研究科助教授として、研究や教育に従事。1995年1月急逝
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。