叢書・ウニベルシタス<br> 男性同盟と母権制神話―カール・シュミットとドイツの宿命

個数:

叢書・ウニベルシタス
男性同盟と母権制神話―カール・シュミットとドイツの宿命

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 505p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588004414
  • NDC分類 311.234
  • Cコード C1336

出版社内容情報

ドイツ近代社会の病弊を,家父長制社会の「女性悪」の体質に探り,その最後の代弁者としてシュミットを位置づける。青春の師.シュミットへの50年を経た回答。

内容説明

人間の両性性を無視し、〈女性的なもの〉の徹底した排除と抑圧によって成立したドイツの近代―その倒錯し矛盾にみちた精神史・心性史を、シュミットの著作に秘められた暗示を読み解きながら描き出す。

目次

序章 カール・シュミット―あるドイツ的宿命
第1章 軍人と市民
第2章 政治的ロマン主義
第3章 政治神学
第4章 カオスへの不安
第5章 真の敵オットー・グロース
第6章 テオドーア・ドイブラーの『北極光』―カール・シュミットの著作
第7章 政治的なものの概念
第8章 権力の前庭
第9章 トラウマ的状況
第10章 リヴァイアサンとの駆け引き
第11章 ユダヤ人とドイツ人
第12章 海への転向
第13章 ハムレット
第14章 最終劇

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

北狐

0
ヴィルヘルム帝国から第三帝国に至るまでの思想のなかの入り組んだ思想的背景をジェンダーにも深く切り込んで論じている。2007/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7909

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。