民法基本論集 〈第1巻〉 総則 森泉章

個数:

民法基本論集 〈第1巻〉 総則 森泉章

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年02月24日 23時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 283p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784587000400
  • NDC分類 324
  • Cコード C2332

内容説明

民法の基本問題・典型問題のほかいま注目のテーマを立体的に解明民法学界をリードする気鋭の学者・研究者延べ160余名が執筆。法曹を志す者をはじめ、法律を学ぶ人々の学習の指針となるよう企画・編集した。

目次

1 権利濫用理論の現状
2 権利能力と意思能力と行為能力との関係
3 無能力者制度と相手方の保護
失踪宣告の取消
5 法人の目的の範囲
6 法人の不法行為責任
7 代表権の濫用
8 権利能力なき社団の法律関係
9 公序良俗違反
10 不実の登記と民法第九四条二項の類推適用
11 動機錯誤論の諸相と検討
12 授権行為の性質について
13 自己代理・双方代理
14 表見代理―代理人の権限濫用と表見代理
15 無効行為の転換
16 条件付権利(期待権)の侵害
17 時効制度の存在理由
18 時効の援用権者
19 権利失効の原則
20 抗弁権の永久性