近世都市の常態と非常態―人為的自然環境と災害

個数:

近世都市の常態と非常態―人為的自然環境と災害

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784585222675
  • NDC分類 517.4
  • Cコード C3020

内容説明

自然と人間の相互関係を連環のなかに捉えかえす。災害という「非常態」の解明には、前提として当該期の人間社会の「常態」が如何なる状況にあったのかを把握しておくことが必要である。人間社会に不可欠である「水」に着目し、近世都市において、水がどのようなシステム・環境の元に制御され、また、災害によりどのような変化・対応を強いられたのかを、学融合・比較という観点から解明。人為的自然としての人間社会の動態のなかに災害を位置づけ、環境史研究の新たな方法論を模索する。

目次

近世都市の常態と非常態
第1部 後背地と人為的自然環境(江戸の水害と利根川・多摩川水系;自然改造の結果としての都市空間・江戸;嵐・洪水とロンドンの発展―一三〇〇~一五〇〇年)
第2部 インフラの機能と維持(遺跡からみた都市江戸の上下水道の管理;江戸城堀の浚渫について―一七六五年(明和二)の岡山藩による堀浚を中心に
堀川の浚渫と土砂堆積、そして洪水―江戸、本所・深川の地域的特質 ほか)
第3部 水害と対応(一八五六年(安政三)東日本台風経路の復元
一八五六年(安政三)東日本台風の被害状況と江戸の対応
氾濫を防げ―一八世紀後半のプラハ(ボヘミア)における行政組織の洪水管理政策)

著者等紹介

渡辺浩一[ワタナベコウイチ]
人間文化研究機構国文学研究資料館・総合研究大学院大学文化科学研究科教授。専門は日本近世史

デーヴィス,マシュー[デーヴィス,マシュー] [Davies,Matthew]
ロンドン大学バーベック校教授。専門は近世ロンドン史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。