親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら

個数:

親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月24日 09時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584138885
  • NDC分類 188.7
  • Cコード C0015

出版社内容情報

800年の時を超え、あの世から還ってきた親鸞とイケイケのヤクザ組長が激論! はたして、煩悩の塊に「絶対他力」「悪人正機」の教えは通じるのか?異色の仏教入門書誕生!

向谷匡史[ムカイダニタダシ]
著・文・その他

内容説明

「兄ィちゃん、浄土がどこにあるんや?あるかないかわからんもんを、どうやって信じろいうんや」缶ビール片手に、一発カマすヤクザ組長。「おっしゃることはよくわかります」あわてず騒がず、さらりと受け流す青年僧・親鸞。ミスター煩悩VS浄土からの使者の人生をめぐる対話の行方は?善人よりも悪人の方が救われるという『悪人正機』説で知られる浄土真宗の宗祖・親鸞の教えが、深いところまで、この一冊で丸わかり!

目次

1章 因縁生起―組 「親鸞」とかいうおかしな坊主がわしの事務所に現れよった(浄土から娑婆に還って来た男;「それは縁起の誤用です」 ほか)
2章 三法印―組 欲をなくしたら人間終わりや。「煩悩」、大いに結構やないか!(仏教の基本;「変わる」を受け容れよ ほか)
3章 四諦八正道―組 カタギが「八正道」なら、わしら極道は「八悪道」や!(人生は苦である;苦の正体 ほか)
4章 絶対他力―組 弱肉強食の世の中や。「自力」でなんとかすんのが男やろ!(「極道」道;卜占祭祀 ほか)
5章 悪人正機―組 善人より悪人の方が救われる?テキトーなこと言うてんやないど!(裏切り;愛憎違順 ほか)

著者等紹介

向谷匡史[ムカイダニタダシ]
1950年、広島県出身。拓殖大学を卒業後、週刊誌記者などを経て作家に。浄土真宗本願寺派僧侶。保護司。日本空手道「昇空館」館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かずぼう

33
百人いれば百の理がある。だから自分の勝手な思いで相手を非難し、憎しみ合って生きているのではないのか?そんな生き方にどれ程意味がある?~プーチン大統領に聞かせたい!本書は『夢を叶えるゾウ』形式、ヤクザは今野敏の任侠シリーズをイメージ。【3点/5】2022/03/12

色々甚平

9
昔気質のヤクザ親分と親鸞の対談形式。ヤクザは我々現代の一般人とそう変わりないと思って読める。わりとある読んだら気持ちよくなれる言葉集よりも、もしドラの感覚に近く読めると思うので難しく考えずにザっと読むことができる。吾唯知足という感覚は多くの人は失ったか最初から持ち合わせていないかもしれない。2019/02/13

スプリント

8
ヤクザの組長に若き親鸞が仏教の理を説くというストーリー仕立てで浄土真宗の基礎が学べます。 日蓮パターンも読みたいですね。2020/02/01

kttys

6
親鸞と浄土真宗の入門書。読みやすく、極道の主人公との極道と仏門の類似点について語り合うのはなかなかシュールな作品でした。2020/06/21

ひさ

3
浄土真宗の教えを学ぶための入門書として読みました。切り口が斬新で所々に笑いが散りばめられています。しかし内容は大真面目!そして大満足な一冊となりました。2019/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12960328
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。