アメリカに喧嘩を売る国―フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕

個数:

アメリカに喧嘩を売る国―フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月20日 06時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137697
  • NDC分類 312.248
  • Cコード C0095

内容説明

「トランプ時代」の日本の道標。知られざるフィリピン苦悩の500年から、大国アメリカに物言う大統領の誕生まで。激動の東アジア情勢を左右する国の、歴史と展望をダイナミックに描く―日本人のためのフィリピン入門書!

目次

第1章 西欧から嫌われ、国民から愛される大統領(ドゥテルテの「暴言」を読み解く;ドゥテルテとトランプの違い1―民主的正当性の有無 ほか)
第2章 フィリピンに現れた救世主―ロドリゴ・ドゥテルテの自宅を訪ねて(ドゥテルテの故郷「ダバオ」;“世紀末感”漂う街「マニラ」 ほか)
第3章 フィリピン苦難の500年史―スペイン・アメリカ、そして日本(欠落した中世;スペイン時代の終わりと米西戦争 ほか)
第4章 なぜフィリピンは親日国になったのか―フィリピンの戦後史(フィリピンからの米軍撤退;クラークフィールドの夢の跡 ほか)

著者等紹介

古谷経衡[フルヤツネヒラ]
文筆家、著述家。1982年北海道札幌市生まれ。立命館大学文学部史学科(日本史学)卒。一般財団法人日本ペンクラブ正会員。特定非営利活動法人江東映像文化振興事業団理事長。政治から猫まで、幅広い視座で執筆活動を展開する。TOKYO FMやRKBラジオなどで番組コメンテーターを務めるほか、テレビ出演等多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ドゥテルテ外交こそ、いま日本が見習うべき政治姿勢である。「暴言大統領」フィリピン大統領・ロドリゴ・ドゥテルテを分析した一冊。