あっというまに

個数:
電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり

あっというまに

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月27日 11時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137420
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「世界ふしぎ発見!」でおなじみミステリーハンター竹内海南江の抱腹絶倒エッセイ。51歳になった彼女が語る楽しく生きる秘訣とは?

内容説明

訪れた国は100ヵ国以上。人生の半分以上を旅で過ごし、1年の半分以上を取材に費やしてきた。今、そしてこれから彼女が伝えたいこと。ミステリーハンター竹内海南江の、世界を旅し続けて見えてきた、輝きが増す歳の重ね方。

目次

第1章 もう51歳、まだ51歳(無限の世界へ出る;50歳、人生初のピンチ ほか)
第2章 すべては知ることから(手と足を使った情報収集;相手を理解するには、「尊敬」を ほか)
第3章 旅は準備で決まる(30年続く準備の始まり;少ない洋服で印象を変化させるコツ ほか)
第4章 世界で一番怖いもの(侮れない自然の摂理;トイレを制する者が、旅を制す ほか)
第5章 とあるロケにおける、極めて個人的な記録(出発の日;到着の日 ほか)

著者等紹介

竹内海南江[タケウチカナエ]
1964年群馬県生まれ。1987年からTBS系「世界ふしぎ発見!」のメインリポーターとして、約30年にわたり活躍中。旅先で使いやすいバッグ、帽子、靴などのプロデュースや、CMやTVに出演するほか、旅にまつわるイベントや講演会で幅広く活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

110
ミステリーハンター竹内海南江さんのエッセイ&ロケ日記!海南江さん、ロケでいろいろ大変なんだなあと思いつつ、大変さを苦にしてない前向きさに惹かれますね(^-^)この前向きさを見習わなければと思います(^^)しかもかなりの酒好きで飲んべえだよ!確かにテレビ見てたら、お酒を飲むシーンは、海南江さんの時は多いわ(笑)海南江さんと一緒にお酒を飲みたいよ~(o^^o)海南江さんの逞しさ、優しさのわかる楽しくほっこりする竹内海南江ファン、『世界ふしぎ発見!』ファン必見の本です(^^)毎週土曜日が待ち遠しいぜ(^-^)2017/03/31

山猫

13
50代を迎え更年期障害もぽつぽつ、父上を亡くされ「生まれるときは紙一枚で済むが、死ぬときは沢山の書類が必要」を身をもって経験したカナナ様。常に日本人代表のように見られながらの30年に及ぶロケ生活は実に過酷なのに、このユーモアは素晴らしい。「喧嘩を売ったらそれなりの覚悟を持て」確かにね。 半分はネパールロケの記録だが、体調(お腹)管理が難しいと対日感情のいい国でも、こんなに苦労するんだな。(各国レストランでの珍騒動は誰でも覚えがあるかも) 旅支度は妻とほぼ同じでやや拍子抜けしたけど、それもまたよし。2017/04/21

なかちゅう

8
ミステリーハンターの竹内さん、大好きです。かなりのんべな方らしい(笑)ミステリーハンターやその他の番組のオーデションの内容に笑いました。彼女らしい、独特のスタンスがあの特徴ある他のリポーターにはない雰囲気をだしているんでしょうね。幽霊が出るホテルに宿泊しても見ないふりしてスルーできる竹内さんが最もコワいもの、それがトイレ!後半その話が多くて、良い意味で脱力しました。食べて出す。吐いて吸う。生きる基本ですね。旅日記にでたヒマラヤのホテルの放送は見ていたけど、まさか、低血中酸素でめちゃくちゃ危ない状態だった⇒2016/10/18

7
一番最初に世界ふしぎ発見を知ったのも海南江ちゃんでした。他の方のミステリーハンターじゃ物足りないくらいどっぷりはまってしまって(笑)ちょうど来週海南江ちゃんの回なので今まで以上に楽しみにしています。自分が絶対に出来ない経験をされているので、苦労の中にもその苦労さえ楽しんでいる逞しさを一視聴者としてこれからも楽しく拝見したいです!2017/05/14

nizimasu

5
著者の竹内さんはYOUの後番組で観たのが最初かな。すごく尖っていてイケイケなイメージだったからふしぎ発見に出演した時は驚いたもの。でもあれから幾年月。51歳と文字にも驚かされたけどそれ以上に自分の中のライフワークとして旅番組を捉えていて旅好きなら共感すること間違いないだろう。ちょっと編集が散漫だけど著者の魅力は初々しい文章からも伝わってくる2017/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11166852

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。