最小限主義。―「大きい」から「小さい」へ モノを捨て、はじまる“ミニマリズム”の暮らし

個数:
電子版価格 ¥1,036
  • 電書あり

最小限主義。―「大きい」から「小さい」へ モノを捨て、はじまる“ミニマリズム”の暮らし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月20日 06時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584136881
  • NDC分類 590
  • Cコード C0030

内容説明

モノも、仕事も、人間関係も最小限でいい―部屋を片付け、モノを捨て、減らす。キレイになった部屋で考える。さて、次は何を減らそう?最小限主義=ミニマリズムで「ぜんぶ」減らしていくと、日々は静かで美しく、より日本人的に変わっていった…。日本人が幸せになれる、ミニマリズム幸福論!

目次

第1章 あらゆるものを、「ミニマリズム」で考えてみる。(部屋を片付け、モノを捨てて、ミニマリズムはやってくる。;作法は「ミニマリズム」から生まれる。“音”のミニマリズム;キッチンが常にきれい。“仕舞い”のミニマリズム ほか)
第2章 幸福論をミニマル化すると、最後に「空」だけが残った。(原始のころから、人は夕陽を眺めている。;誇れるのも、羨むのも、人が見た美しい風景の数だけ。;いつのまに暗くなったのか、気づかない生活。 ほか)
最終章 私たちに流れるミニマリストのDNA(モノも仕事も人間関係も、最小限でいい。;日本人の伝統的ミニマリズムとは。;ミニマリズムに向かう未来。 ほか)

著者等紹介

沼畑直樹[ヌマハタナオキ]
ミニマリスト。コンテンツ制作会社テーブルマガジンズ代表。2014年、写真集の編集担当だった佐々木典士氏とサイト『ミニマル&イズム』をたち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「ぼくたちに、もうモノは必要ない」を生んだブログミニマル&イズムを起ち上げ、ミニマリズム論を展開している沼畑直樹による、「モノを捨てたあとの人生」を探る一冊。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件