中国人はなぜ「お金」しか信じないのか―「中国三大宗教」と「共産革命」の悲劇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584136478
  • NDC分類 162.22
  • Cコード C0095

内容説明

理解不能で、厄介な隣人中国人の「宗教観」とは?古来、中国の庶民が信じていたものは、「儒教」や「仏教」ではなく、「道教」だった。そこに“共産党”という悪魔が現れた…。山本七平賞作家が、「拝金主義」に毒された現代中国人の“心の闇”を解き明かす―。

目次

「拝金主義」に走る、現代中国人の“心の闇”
第1章 摩訶不思議な「中国三大宗教」―中国人は何を信じてきたのか
第2章 「宗族」について―中国人はどのように生きてきたのか
第3章 「共産主義」という名の悪魔―中国共産党はいかにして「宗族」を滅ぼしたのか
第4章 「善の破壊」と「悪の高揚」の時代―中国人の総堕落化はいつ完成したのか
「腐敗撲滅運動」を推進する、習近平の悪あがき

著者等紹介

石平[セキヘイ]
評論家、拓殖大学客員教授。1962年中国四川省成都市生まれ。幼少期に両親が勤務先の大学から追放され、農場に下放される。80年北京大学哲学部に入学後、毛沢東暴政の再来を防ぐため、中国民主化運動に傾倒。84年北京大学を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、88年に留学のため来日。95年神戸大学大学院文化学研究科博士課程を修了し、民間研究機関に勤務。2002年以降、日中問題・中国問題を中心とした評論活動に入る。07年に日本国籍を取得。08年4月拓殖大学客員教授に就任。11年9月「第23回山本七平賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆りはこ☆

4
ずっと言われてることであるなあとは思うけども。国民と国の間での信頼形成ができていないからかなあ。親子関係でも裏切られるくらい盲目になるのはきつい。2019/06/07

jack

0
中国史に於ける、人々の悲哀に、あなたは驚愕する。☆4.82015/07/14

クリボー2

0
まあ気の毒だとは思うが・・・2015/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9534291
  • ご注意事項