反日メディアの正体―「戦時体制(ガラパゴス)」に残る病理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584135389
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0095

内容説明

NHK、TBS、フジテレビ、朝日新聞、毎日新聞…。彼らはなぜ、売国的な報道をし続けるのか?科学技術、スポーツ、歴史問題で、母国・日本を貶めるマスメディアの系譜を分析し、それを支えた戦時体制の病理を斬る!

目次

第1章 「確信的反日」と「無自覚な反日」(「売国報道」と「メディア離れ」の関係性;「反日メディア」とは何か)
第2章 国民の皮膚感覚から遊離するマスメディア(「東京五輪」開催決定時の恨み節;韓流でみえた「反日メディア」の病理 ほか)
第3章 「反日メディア」はなぜ暴走するのか(「公共性」を演出するテレビ局と新聞社;テレビ局は巨大企業ではない ほか)
第4章 「一九四〇年体制」と「反日メディア」(複雑なテレビとの関係;テレビを有難がる日本人 ほか)
終章 インターネットは「恐竜」を駆逐するのか(「バルス祭り」にみるテレビの影響力;インターネットは、テレビの反射空間 ほか)

著者等紹介

古谷経衡[フルヤツネヒラ]
1982年北海道札幌市生まれ。立命館大学文学部史学科卒。インターネットと保守、マスコミ問題、アニメ批評などのテーマで評論、執筆活動を行なっている。CS放送での番組キャスターも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。