• ポイントキャンペーン

ふくろうの本
図説 日本古地図コレクション (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309762180
  • NDC分類 291.038
  • Cコード C0325

出版社内容情報

行基図と呼ばれる中世の地図、江戸時代に人々に親しまれた刊行図、海外の地図に描かれた日本、工芸品上の地図等多彩な古地図を収録。

【著者紹介】
1956年生まれ。関西大学大学院博士課程後期単位取得、博士(文学)。歴史地理学専攻。神戸市立小磯記念美術館学芸担当課長・学芸員。

内容説明

現存最古の日本図、行基図と呼ばれる中世の古地図、江戸の庶民に親しまれ版を重ねた刊行図、海外の地図に描かれた日本、地図皿などの工芸品…古地図が物語る、この国の“かたち”。

目次

1 日本図の成立と発展(日本図;混一疆理歴代国都之図 ほか)
2 刊行された日本図(大日本国図;大日本国地震之図 ほか)
3 海外から見た日本(ミュンスター南北アメリカ大陸図;東インド諸島図 ほか)
4 地図を楽しむ(日本図文大鏡;日本図文様金象嵌鍔 ほか)

著者等紹介

三好唯義[ミヨシタダヨシ]
1956年生まれ。関西大学大学院博士課程後期単位取得、博士(文学)。歴史地理学専攻。神戸市立小磯記念美術館学芸担当課長・学芸員

小野田一幸[オノダカズユキ]
1965年生まれ。関西大学大学院博士課程後期単位取得。歴史地理学専攻。神戸市立博物館学芸課事業係長・学芸員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

WATA

64
タイトルの通り、日本の古地図を楽しむ本。この本にある古地図のなかで一番有名なのはやはり伊能忠敬の地図だろう。同時代の地図と見比べると、その精度は圧倒的。見ているだけで、伊能忠敬の地図にかける想いや執念を感じる。ただ私は、この伊能図よりも、地形の正確さを度外視して主要な宿場町の情報や道路・航路を描きこんでカラフルに彩色した地図、今でいうところの路線図に近いものに興味を惹かれた。本書を読みながら、昔の人はこういうマップを片手に旅をしていたのだろうか、などと想像が膨らんだ。2014/09/16

あなほりふくろう

20
日本海山潮陸図(1691)とか日本特急旅行ゲームみたい(古)山口晃「ヘンな日本美術史」を思い出しながら、これらは写実のつもりかデフォルメの変遷なのかテキトーに描いてるような気がしなくもないがそれでいて、実はうまいこと隣国同士、宿場同士繋がって、地図として機能してることに感心してしまった。伊能忠敬以前とそれ以降の精度差には改めて驚嘆だったけど、むしろ伊能以前の方に興味というか面白味を覚えたのでした。ひとつ、東の最果てIAPANなんで仕方ないんだけど、大航海時代の日本地図がテキトー過ぎて苦笑い。2014/09/18

Ryuji Saito

0
2016年167冊目 2016/12/11

坂津

0
主に江戸時代に発行された日本地図を大量に収録した本。学校教育では簡素な「行基図」と精巧な「伊能図」の断絶が激しく、その間の地図には一体どのようなものがあるのか全く分からないが、この本でその全容が明らかになる。江戸幕府は伊能図以前にも何度か全国規模の日本地図を編纂しており、その中でも「正保日本総図」はなかなか正確な日本地図であると紹介されている。伊能図よりも百年以上前に、このような取り組みが行われていたとは驚かされる。紙の日本図以外にも、焼き物に描かれた地図や極小の地図など、幅広い種類の地図が作られていた。2015/07/22

kaz

0
微妙な形や大きさはともかく、江戸時代に入ったくらいになると、さすがに日本全国の位置関係はかなりの程度まで把握できていたようだ。距離的な問題なのか、東北はやや小さめ。伊万里焼や櫛の日本図が興味深い。図書館の内容紹介は『日本では古くから多くの地図が作られてきた。行基図と呼ばれる中世の古地図、江戸時代、人々に親しまれ版を重ねた刊行図、海外の地図に描かれた日本、工芸品上の地図など多彩な古地図を収録する』。 2021/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8091837

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。