ベスト新書<br> ひきこもる女性たち

個数:
電子版価格 ¥717
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ベスト新書
ひきこもる女性たち

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年03月22日 15時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 199p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125106
  • NDC分類 367.21
  • Cコード C0236

内容説明

ひきこもり問題を追い続けてきた著者が実感した、危機的な日本の大問題。統計から消され、「弱者」にすらなれない―深刻化する「見えない」女性の実態。今まで誰も指摘しなかった、潜在する「女性」のひきこもり。

目次

第1章 ひきこもるのは男だけじゃない(メディアで報じられる「ひきこもり」たち;偏重した報道によってもたらされるもの ほか)
第2章 彼女たちがひきこもる理由(東海地方/Aさん(30代前半)
九州地方/Bさん(40代後半) ほか)
第3章 主婦は「ひきこもり」ではない?(主婦を取り巻く環境;「ひきこもり」対象から外される主婦 ほか)
第4章 彼女たちに必要なもの(居場所の現実;当事者が感じる、男性との違い ほか)
第5章 社会とつながるために(埋もれていくトラウマ;外界から見える世界と内海の世界 ほか)

著者等紹介

池上正樹[イケガミマサキ]
1962年生まれ。通信社勤務を経て、フリーのジャーナリストに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ひきこもるのは男性だけじゃない社会に消された、ひきこもる女性達のリアル。巧妙な言葉選びによって、またこれまでの有識者たちの固定観念によって、社会的に存在が消されている助けを求められない人たちの声を可視化する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件