ベスト新書<br> 外国人がみた日本史

個数:
電子版価格 ¥711
  • 電書あり

ベスト新書
外国人がみた日本史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月16日 08時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 231p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584124697
  • NDC分類 210.1
  • Cコード C0220

内容説明

古代から現代まで、日本を訪れた外国人は多い。その中には日本での見聞を記録している人も少なくない。そこには驚き、感動、戸惑い…率直な感想が綴られている。そんな外国人の目を通してこそ、日本人とは何かがみえてくる。美点は、欠点は、その特性は時代によって大きく変わってきたのか。日本人の気質、宗教観、自然観など、ユニークだといわれる国民性をあらためて浮き彫りにする。

目次

第1章 外国人がみた古代・中世―世襲好きは日本人の気質!?(女王の支配する国;弥生時代の日本人 ほか)
第2章 外国人がみた戦国時代―武器をこよなく愛する日本人(武士の名誉心;日本人にとっての武器 ほか)
第3章 外国人がみた江戸時代―平和な国の礼儀正しき人々(女性のお歯黒;日本独特の床材・畳 ほか)
第4章 外国人がみた幕末―極東の島国は地上の楽園だった(日本は強力なライバルになる;すぐに模倣してしまう国民性 ほか)
第5章 外国人がみた近現代―日本人はユニークな存在なのか?(桜の美しい国;明治時代の貧しい農村 ほか)

著者等紹介

河合敦[カワイアツシ]
1965年、東京都に生まれる。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史専攻)。第17回郷土史研究賞優秀賞(新人物往来社)、第6回NTTトーク大賞優秀賞を受賞。文教大学付属中学・高等学校で日本史を教えるかたわら、多数の著書を執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。