ベスト新書
騙されるな日本!―領土、国益、私ならこう守る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584123836
  • NDC分類 329.23
  • Cコード C0295

内容説明

本書では日本が抱える領土問題をまず取り上げるが、後半では、アメリカによる「日本経済植民地化計画」を取り上げる。こちらは直接の領土問題ではないが、日本が経済的にアメリカに侵食される、という意味では「もう一つの領土問題」と言ってもいいであろう。いずれにしても国家にとっての死活問題である。まずはその認識と覚悟が大事で、その上で相手を騙してでも交渉を有利に進めようというくらいのずる賢さを持ち合わせていないと、到底勝負にならないのだが、今の日本政府では、はなはだ不安である。日本を守るためにどう考え、何をすべきか。

目次

第1章 領土の必須条件は「実効支配」(石原都知事の「尖閣諸島購入」発言;領海侵犯の船は撃沈するのが基本 ほか)
第2章 核武装こそ領土交渉の切り札(北方領土が奪われるまで;もしアメリカが共産主義の脅威を認識していたら… ほか)
第3章 アメリカは日本の「経済植民地化」を狙う(オレンジ計画とソ連の脅威;これからの敵は「日本経済」 ほか)
第4章 情報戦争に負けるな日本!(増税もアメリカに仕掛けられている?;「開国」という名の日本潰し ほか)

著者等紹介

田母神俊雄[タモガミトシオ]
1948年、福島県郡山市生まれ。67年、防衛大学電気工学科(第15期)入学。卒業後の71年、航空自衛隊入隊。地対空ミサイルの運用幹部として部隊勤務10年。統合幕僚学校長、航空総隊司令官などを経て、2007年、第29代航空幕僚長に就任。08年、民間の懸賞論文へ応募した作品が政府見解と異なるものであったことが問題視され、幕僚長を更迭される。同年11月3日付で定年退職。同年11月11日、参議院防衛委員会に参考人招致されたが、論文内容を否定するものでないことを改めて強調した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

James Hayashi

24
元航空幕僚長、12年著。尖閣、竹島、北方領土の問題、米国に牛耳られる日本などについて。軍事力のない日本は国際社会では子供扱い。領土交渉において核武装が必要であると説く。小国である北朝鮮がアメリカと対等に話ができるのは、核武装が整ったから。武力のない北朝鮮だが核を持つことにより抑止力を得た。これはリーダーの力でなく核の「破壊力」ゆえ。一発の核で甚大な被害を与えると想定できる為。実際開発から生産など時間はかかったが極めて安上がりな抑止兵器。日本が核武装すれば北朝鮮はおろか中国まで態度の変化が見られよう。続く→2018/10/04

ちくわん

16
2012年6月の本。今までの著者に対する印象から「要注意」な方と思いつつ本書を読んだが、いえいえ大変分かりやすく書かれる。真偽は、他との照らし合わせになるが、外部からの情報だけで選択すると、自分の損になる。この点、ホリエモンも同じ。買ってあるから読んでみるか。教訓的だ。2020/04/05

トラビス

8
アメリカが核武装支持が増えてきた日本に核を持たせないため福島原発事故の際、放射能の恐怖を煽るために「米軍80キロ避難」という情報戦を仕掛けたという指摘はさすが鋭いなと思った。2014/06/27

無限_零

2
池上彰さんの本で、歴史と現代史の基礎を学んでから田母神俊雄さんの本を読むと、とても分かりやすく頭に入って来ます。今まで、政治の事や世界情勢は、あまり興味が無く何となく政治家任せでいいやって思っていましたが、田母神さんに煽られた訳ではないのですが、一個人としてはっきりした意見を持つ必要だと感じた。核保有国の考え方が、この本で理解出来た所が有ります。核拡散は、絶対大反対ですが、核保有に関しては、少し考え方、見方が変わりました。身近(?)な所では、銃の保有に関しても近い考え方の様に感じました..。2012/09/27

Yutaka Izumi

1
偏りを避け、自己のバランスを見つめ直す目的で購入。非常に読みやすく一気に読みきりました。ずっと潜在していたモヤモヤをはっきり認識させてくれる一冊。次の選挙でどこの政党を支持するにせよ、ここのところは一人ひとりが一度は考えるべきだと思う。2012/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5148792

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。